目からウロコの「憲法ばなし」

アクセスカウンタ

zoom RSS 辺野古護岸工事   政府強行(2017.4.25)断じて許されない

<<   作成日時 : 2017/04/25 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

黙っていられない

辺野古護岸工事阻止 続く座り込み

政府 きょうにも強行

 

しんぶん赤旗 2017年4月25日

写真

 

(写真)米軍キャンプ・シュワブ前に座り込む人たち=24日、沖縄県名護市辺野

 

 

沖縄県うるま市長選挙から一夜明け、辺野古新基地建設に伴う護岸工事強行をやめさせようと、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前では早朝から100人ほどが座り込みました。

座り込み現場責任者で沖縄県統一連の瀬長和男事務局長(63)は「うるま市長選に負けて人数が少なくなるかなとも思いましたが、迫る護岸工事に“黙っておれない”と100人を超える人が座り込みに参加する姿を見て勇気付けられた」といいます。

この日は抗議船やカヌーも出て海上抗議を行いましたが、工事の動きはありませんでした。

政府は、護岸工事で石材を海中に投下したうえで「K9」護岸の建設から着手します。しかし現場で搬入車両を監視する責任者は、石材はK9護岸に必要な量の2割程度しか搬入されていないとみています。抗議船船長の北上田毅さんは「護岸工事に必要な重機や石材を搬入する道路も未完成です。近いうちにセレモニー的に“着手”を演出するかもしれませんが、本格着工は難しいのではないか」と話しています。

男性(65)=那覇市=も「“護岸工事に着工する”という話を聞いて、ますます頑張らないと、と思いました。勝つためにはあきらめず頑張りたい。座り込んで1分でも1台でも車両搬入を遅らせたい」と意気込みます。

政府 きょうにも強行

政府は、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の「移設」先とする同県名護市辺野古で、25日にも護岸工事を開始する方針を固めました。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辺野古護岸工事   政府強行(2017.4.25)断じて許されない 目からウロコの「憲法ばなし」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる