目からウロコの「憲法ばなし」

アクセスカウンタ

zoom RSS 女優・野際陽子さんの訃報に接して  「きょうの潮流」 しんぶん赤旗 2017年6月24日

<<   作成日時 : 2017/06/26 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「きょうの潮流」 しんぶん赤旗 2017年6月24日

女優・野際陽子さんの訃報に接して
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知的で屈託なく、美しく・・社会を見る目は冴えていた。
野際さんの遺志・・・忘れない...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

i_bb_v10

女優・野際陽子さんの訃報に接して10日余。放送中の昼帯ドラマ「やすらぎの郷」で毎日、はつらつとした演技を見ていると、今も元気でいるかのような錯覚を覚えます。強い精神力が病状を悟らせない演技につながったのでしょう。あっぱれです

▼筆者は一度だけインタビューの機会がありました。評判にたがわず、賢く愉快な人でした。人を笑わせることに長(た)けていたのは落語好きのたまものか。女優を夢見ていた少女の頃、母親に高峰秀子のブロマイドを見せられ、「全然違うでしょう」と言われた話を面白おかしくしてくれました

▼小学4年の時に終戦を迎え、教科書に墨を塗った話も。うれしかったのは男女平等と。「男の子と野球をして遊びました。おとなは(敗戦で)呆然(ぼうぜん)としてますから何をしても怒られなかった。自由ってすばらしいと実感しました」

▼「自由」という言葉は、野際さんの人生をくくるキーワードのようです。NHKアナウンサーから女優への転身。パリ留学。離婚。社会問題では、秘密保護法や戦争法に反対する映画人の会アピールに賛同者として名を連ねました

▼2009年、「赤旗」日曜版の創刊50周年には、こんな言葉を寄せています。「社会のこと、地球のこと、われわれの生き方…。ちゃんと考えなければ、人間が生き残れない時代です。一緒に考え、また歩いていきましょう」

▼その2年後の福島原発事故。そして今日のあまりにも国民を愚弄(ぐろう)した安倍暴走政治。まだまだ一緒に考え、歩きたかった人でした。

(写真は投稿者 )


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女優・野際陽子さんの訃報に接して  「きょうの潮流」 しんぶん赤旗 2017年6月24日 目からウロコの「憲法ばなし」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる