目からウロコの「憲法ばなし」

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊橋市JK広報室、名称変更交渉は一旦区切り。記者クラブへ文書にて報告

<<   作成日時 : 2016/06/22 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月23日(木)午後より配布します。

各位

日頃は大変お世話になっております。

豊橋市JK広報室の名称変更について市民の立場で変更要求をしてまいりましたが6月7日再申し入れ文書の回答で名称変更ならず、この問題での市への交渉はひとまず一区切りとせざるを得なくなりましたことをご報告します。

6月20日 6月7日提出の文書の回答を受ける為、広報広聴課を訪問。

午前10時、市長の代理として企画部長広田哲明氏、広報広聴課長渡辺英仁氏、が対応・面談。広報広聴課職員桑名闘志也氏が同席した。

下記文書が手渡された。

市側の説明はこれまでの説明と何ら変わることなくJKの名称に固執。

(市の説明=応募した女子高校生がこの名称にしっくり”した、全員から賛同が得られた、と誇らしげに説明。危惧するどころかこれからはこうした時代と強調。他市でもJK広報室が設置された。)

短期間での進展が見られないと判断し次の事を要望した。

市への要望

この事業を来年度も継続する場合、

@ 名称の再検討

A 男女混合で実施する

B 「広報とよはし」へ募集要項等、ガイドラインも含め掲載する。

私たちの意見はこれまで通り

将来のある女子高校生を起用し広報広聴をおこなうならば

健全な名称で誰もが不快無く、誰もが受け入れられる名称を強く希望する。

この問題では他にも

・設置にいたる手続き問題。

・顧問委嘱問題。(慶應義塾大学特任講師若新雄純氏)

・ガイドラインの中身

等々あり、

面談後

市民の立場で今後も改善要求を行う事を確認しました。

2016年6月23日 豊田八千代

垣内 暎恵

牧野 悦子


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊橋市JK広報室、名称変更交渉は一旦区切り。記者クラブへ文書にて報告 目からウロコの「憲法ばなし」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる